市川ウオーキング、市川展望台、市川真間、国府台、江戸川ランニングはこちら

ノンアルコールビール分類比較
国産・輸入ノンアルコールビールの特徴を比較・分類してみました。商品名は通販にリンクしてます。

ノンアルコールビール飲み比べ
休日は世界のビールをガンガン飲もう。
世界の紅茶でリラックス

平日はノンアルコール、休日はアルコール日記
新幹線で一泊スキー・ボード


オーストラリア産 アメリカ産 ドイツ産 国産
アルコール度数   0.9%が多い。 0.5%が多い アルコール度数はいろいろ アルコールゼロが主流
味・質感 モルト感はあるが苦味はない 薄いビールという印象 苦味がありビールに近い質感が良い。銘柄数も多い いろいろな成分で調整した味。
値段 安い。特にウエストエンドは安く売られてることが多い。 比較的安い 高い物が多い 高い。輸入品のように安く売られるケースはない
主要銘柄 ブローリー★★★★★
ウエストエンド 
★★★
ブローリー 黒
★★
テキサスセレクト ★★★
キングスバリー★★
クラウスターラー ★★★★★
プロシュテル
★★★★
ゲステル★★★★
レーベンブロイ★★★
アインベッカー
★★
サッポロ プレミアム★★★★★
キリンフリー★★★
サントリー オールフリー★★★
アサヒ ポイントゼロ ★★★
成分・製法 麦芽・ホップのみ、ブローリー、ウエストエンドともアルコール度数を調整しながら発酵させる製法。 麦芽、コーンスターチ、コーンシロップ等アメリカのビール同様コーン系の物が入っている ビール法にのっとり製造、麦芽、ホップのみ、ビールからアルコール、製法はビールからアルコールを抜いているものと、醸造方法で調整しているものがある。 麦芽100%麦汁使用とあっても成分には麦芽の他、水あめ、ホップ、酸味料、苦味料、香料、カラメル色素、酸化防止剤などなど。日本では税法上、いったん醸造してその後アルコールを蒸発させる手法に問題があり、いろいろな成分で調整する方式が主流となっていると聞いた。

ノンアルコールビールのアンケートです。
ぜひ参加してください。