海外ビール、世界のビールの種類について

ビールの分類、呼び方については本来の意味、実際に使われている意味、さらに一般的な誤解などがあります。

昔からの
分類名 説明
 ラガー ラガーといえばキリンのラガーを思い出すが、本来の意味はドイツ語で貯蔵を意味することば貯蔵されたビールを指した。ビールの製造で長期間、低温で発酵させると下面発酵のおいしいビールができることがわかり、これをラガーというようになっていった。淡色のビールがラガーというイメージもあるが、本来は冷温による下面発酵で作られたものでビールの色は関係ない。
 ピルスナー  チェコのビルゼン地方の淡色のラガービール、ホップの苦味が特徴で、世界中でもっとも多く醸造されているタイプのビール。ボディはそれほど重くなく、ホップが効いて苦味もあり爽快なのど越し、アルコール度数は5%弱というのが本来のチェコのピルスナーのイメージだ。
 下面発酵 ℃15度以下の温度で発酵するラガー酵母による発酵。上面発酵の酵母に比べてすっきりした味わいとなる。発酵の温度管理ができるようになったことや、ビールを冷やして提供できるようになってさっぱりとしたビールが好まれるようになったことから主流となった。発酵が終わると酵母が下に沈むことから下面発酵といわれているが、発酵自体は液全体で行われており、下面だけで行われているということではない。
上面発酵 下面発酵が主流となる前の昔からのビールの発酵方法。℃18度から24度で発酵。発酵が終了すると酵母が液面に上がってくることから上面発酵といわれる。下面発酵の酵母と比べるとより個性的な香りがあり、フルーティなビールとなる。
 エール  一般的には上面発酵のビールを指すが、ビール全般を指すものだったり、ホップの入っていないビール、強いビールを指したりしているものもある。
白ビール   小麦を原料としたビール、小麦100%ではなく40%〜70%くらいの割合が小麦のものが多い。が小麦のまま発酵の原料に加えたものとヴァイツェンビアのように小麦麦芽を利用したものがある。やわらかい口当たりでクリーミーな泡、ほのかに甘いビール。
ヴァイツェンビア   ドイツのミュンヘンを中心とするバイエルン地方で作られる小麦ビール、小麦の麦芽を使用しており、バナナのような香りがあるのが特徴。酵母入りのヘフヴァイスや、酵母を濾過したクリスタルヴァイスなどの種類がある。
 黒ビール  麦芽を焙煎する時に強く焙煎して作られる黒ビール、上面発酵、下面発酵どちらのパターンもある。
 参考図書
ビール大全
世界のビールについて、ヨーロッパが中心になっているが網羅的に詳しく述べている。作者の嗜好だろうが、エールタイプ、地ビールタイプ、古い作り方、濃厚なビールを高く評価していて、大企業が作る軽いピルスナーを不当に低く評価している。と思う。たとえば、一番搾り(当時の一番搾り)とスーパードライの違いなどビール全体からすれば目に見えない誤差の範囲といっているが、これは言いすぎだと思う。と気に入らない点もあるが、歴史あるビールについて、製造方法や、その国での飲まれ方などが詳しく書かれていて世界のビールに興味がある人なら手元に置いておきたい一冊です。






>


世界のビール、海外ビール、外国のビール、輸入ビール飲み比べ

ノンアルコールビール飲み比べ