ノンアルコールビール比較・飲み比べ

国産・輸入ノンアルコールビールを比較・評価してみました。当ホームページのノンアルコールビールランキングでは、2019年2月9日現在て投票総数684票の投票・おすすめをいただきました。投票結果は1位ブローリープレミアムラガー、2位サントリーオールフリー、3位アサヒドライゼロ、4位サッポロプレミアムアルコールフリー、5位ヴェリタスブロイとなっています。詳しくはこのページの下にアンケートへのリンクがありますのでご覧ください。

健康機能満載の発泡酒、新ジャンル、第3のビール

商品をクリックすれば通販の売り場にリンクします。

★について。。
私が飲んだ際の個人的な印象です。アンケートも行ってます。こちらのランキングも参考にしてください。

★★★★
 ヴェリタスブロイ ピュアアンドフリー /パナバック(ノンアルコール) 330ml缶 330ML × 24缶 ドイツ産
ドイツ産でビール純粋令を守って作られたもので原材料はモルトとホップのみ、アルコール度数は0.0%、脱アルコールビールと表記されている。値段が比較的安いのがいい。100mlあたり12kcalと低カロリーでドイツ産にしてはかなりドライな感じ、多少、気になる匂いは感じるが切れとホップの渋みも感じられる。0.0%まで抑えられている中ではかなり上出来。

★★★★
ブローリー プレミアムラガー [ ノンアルコール 355mlx24本 ]オーストラリア産
酒類と清涼飲料水の境目、アルコール度数0.9%。ノンアルコールビールと言うよりは微アルコールのビールであるけれどモルト感があり度数の低さを補っている。原材料も麦芽とホップだけ。正直やはりこのくらいアルコールが入っていると完全ノンアルコールよりだいぶおいしい。アルコールに弱い体質の人だと少しホンワカしてくるのでノンアルコールとしては微妙だが平日禁酒の選択肢としてはよいのではないか。カロリーは100mlあたり15kcal、原材料、麦芽、しょ糖、ホップ、大麦。

★★★
ウエストエンド エキストラライト330ml×1ケース(24本)  オーストラリア産
こちらもオーストラリア産、アルコール度数0.9%。原材料も麦芽とホップ、カロリーが100mlあたり17kcal。表示内容はブローリーと似ているがこちらの方が軽く炭酸が強い。また、缶に清涼飲料水との表示があり確かにジュースに近い甘い味、食事の時はブローリー、乾いた喉にはウエストエンドがいい。

★★★★★
ビットブルガードライブ 330ml×24本 ドイツ産
ドイツ語のラベルにはALKOLFREI(アルコールフリー)と書かれているが日本語にラベルにはアルコール度数0.05%と表示。カロリーは100mlあたり26kcal、原材料は当然、麦芽、ホップのみ。ビットブルガーはビールのブランドとしてもドイツの大手銘柄。ふくよかなモルツ感としっかりした苦味がありおいしい。ドイツ産独特の臭みも抑えられていて値段はかなり高いがそれだけの価値がある。
★★★ 
330ml/6本 バイスビア エルディンガー ドイツ産
酵母入り小麦ビールのトップメーカーが作る小麦ビールのノンアルコールビール。原材料は小麦・大麦・酵母・ホップ、アルコール度数は0.4%。白ビール特有のバナナ臭はかすかにしかないが甘みのあるビール。日本のノンアルコールビールの作られ甘さとは違い小麦からくる上品な甘さ。
カリ(瓶) 330ml 24本入 1ケースフィリピン産
フィリピンの大手ビールブランド、サンミゲルが作るビアティスト飲料。原材料は麦芽、ホップ、砂糖、パイナップル香料、酸化防止剤(亜硫酸塩)、着色料(カラメル)、クエン酸、甘味料(アセスルファムカリウム)、アルコール度数は0.01%。

★★★ 
サントリー オールフリー [ ノンアルコール 350ml×24本 ] 日本産
アルコールゼロ、カロリーゼロ、糖質ゼロがうたい文句。さらにプリン体もゼロ。当然、芳醇な感じはないがビールのキレは感じられる。カロリーオフのビールがノンアルコールとなったイメージの味。糖質がないせいかコクが感じられない。ただ、この条件の中では比較的うまく出来ている。原材料表記は、麦芽、ホップ、酸味料、香料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK)。2010年8月2日の日経新聞ランキングでは5位と健闘していた。2018年2月にリニューアルされている。

★★★ 
【内臓脂肪を減らす】 からだを想う オールフリー [ ノンアルコール 350ml×24本 ]
オールフリーに機能性表示食品のバージョンとして2019年7月に発売された。飲んだイメージはオールフリーと同じような味。飲み口だ。機能関与成分 「ローズヒップ由来“ティリロサイド"」が内臓脂肪を減らすらしい。カロリー、糖質、アルコール、カロリーはゼロなので減量中にはうれしい飲み物。原材料は麦芽(外国製造)、ローズヒップエキス末、ホップ/炭酸、香料、酸味料、カラメル色素、ビタミンC、苦味料、甘味料(アセスルファムK)。

★★★★
キリン パーフェクトフリー [ ノンアルコール 350mlx24本 ]
2015年6月、初めて機能性表示食品として届け出たノンアルコールビール。前月にサッポロが特保の指定を受けた商品を出しているが似ている感じだ。原材料は難消化性デキストリン(食物繊維)、大豆たんぱく、ぶどう糖果糖液糖、ホップ、米発酵エキス/炭酸、香料、酸味料、カラメル色素、甘味料(アセスルファムK)、アルコールとカロリーはゼロ。炭酸が強くのみごたえもあり苦味も少しあり酸味は弱い。「脂肪の吸収を抑える」「糖の吸収をおだやかにする」という二つの機能があるにもかかわらず、意外といける。
【お腹まわりの脂肪を減らす】キリン カラダFREE(カラダフリー) [ ノンアルコール 350ml×24本 ]
2019年8月新発売のお腹まわりの脂肪を減らす機能性表示食品として届けられた商品。10年以上をかけて開発した熟成ホップ由来苦味酸に体脂肪を低減させる効果を発見したとのこと。原材料は難消化性デキストリン(食物繊維)(韓国製造)、熟成ホップエキス、 ぶどう糖果糖液糖、大豆たんぱく、米発酵エキス/炭酸、香料、酸味料、カラメル色素、甘味料(アセスルファムK)、苦味料。アルコール度数、カロリーはゼロ。味は日本のビアテイスト飲料の典型的な味で少し青臭く甘酸っぱい味だがこれで脂肪が減るのであれば続けられる。

★★★★
キリン 零ICHI ノンアルコール 350ml×24本
2017年4月、一番搾りの麦汁を使用して作ったノンアルコールビールとして登場。2018年3月、2019年3月にもリニューアル原材料は麦芽(外国製造)、水あめ、食物繊維、米発酵エキス、ホップ、アルコールはゼロ、カロリーは100mlあたり9Kcal。ビールの苦味をうまく再現しているが、2019年のリニューアルで酸味が増えて少し苦みが抑えられたような気がする。
9 サントリー オールフリー コラーゲンリッチ [ ノンアルコール 350ml×24本 ]
コラーゲン2000r入りのオールフリー、コラーゲンの入りの為か、ゼラチンの為か、通常のオールフリーより水ぽっくないないような気がする。原材料:コラーゲンペプチド、麦芽、ホップ、香料、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC)、苦味料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、(原材料の一部にゼラチンを含む)。コラーゲンの効果が欲しい人にはメリットがある。

★★★ 
アサヒ ドライゼロ [ ノンアルコール 350ml×24本 ] 日本産
2012年2月に大々的に発売。味はドライなので食事の邪魔をしない点は評価できるが、ふくよかさがなく酸味の強い香りもする。麦汁がまったく使われてないのも影響しているだろう。麦汁もアルコールもないのに氷点貯蔵というのも説得力がない。原材料は糖類(水あめ、加糖ブドウ糖、大豆ペプチド、食物繊維、ホップ、香料、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC)100mlあたり0Kcal、アルコール0.00%。
アサヒ ドライゼロフリー [ ノンアルコール 350ml×24本 ]
アルコール、プリン体、カロリー、糖質すべてゼロのタイプ。原材料は食物繊維(難消化性デキストリン、大豆食物繊維)、ホップ、香料、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK)。平成27年3月に発売された。

★★★
【トクホ】アサヒヘルシースタイル [ ノンアルコール 350mlx24本 ]
平成28年2月16日に発売された特定保健用食品(トクホ)のノンアルコールビール、食物繊維(難消化性デキストリン)のはたらきにより、食事から摂取した脂肪の吸収を抑えて排出を増加させ、食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにするので脂肪の多い食事を摂りがちな方、血中中性脂肪が気になる方の食生活改善に役立とのこと、原材料は食物繊維(難消化性デキストリン)、大豆ペプチド、ホップ/炭酸、香料、安定剤(大豆多糖類)、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK)、カロリー、糖質ゼロ、アルコール0.00%。日本のノンあるの典型的な味で、ちょっと酸味が気になるが中性脂肪を抑えられるメリットがあるので我慢できる。

★★★★★
ヘルシア モルトスタイル [ ノンアルコール 350ml×24 ]日本産
花王が発売した「茶カテキン」入りのノンアルコールビール。トクホ(消費者庁許可特定保健用食品)、日本人間ドック健診協会推薦で機能性満点だが値段は高め。原材料はデキストリン、茶抽出物(茶カテキン)、エリスリトール、麦芽エキス、ぶどう糖加工品、食塩、環状オリゴ糖、香料、酸味料、ビタミンC、甘味料(アセスルファムK、ソーマチン)、アルコール度数は0.00%、1本当たり39kcal、茶カテキンが540r、カフェインが15r含まれている。茶カテキンとそれにわずかに含まれるカフェインの為か、他の日本産のノンアルコールよ、すっきりとした味の輪郭が感じられておいしい。
オリオンクリアフリー350ml×24缶セット(1ケース)日本産
オリンオンビールのノンアルコール。原材料は果糖ぶどう糖液糖、食物繊維(大豆食物繊維、難消化性デキストリン)、香料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC)、酸味料、ホップ、甘味料(アセスルファムK)。アルコール、カロリー、ホップ、糖質、プリン体いずれもゼロ。
【送料無料】 ZERO ZERO ZERO ノンアルコールビール48缶 [並行輸入品]
韓国製のノンアルコール、原材料:麦芽エキス 大豆ペプチド ホップ 香料 酸味料 カラメル色素 調味料(アミノ酸) カラメル色素 調味料(アミノ酸) 甘味料(アセルファムカリウム)。カロリー、アルコール、糖質ゼロでヨーロッパ産のアロマホップを使用しているとのこと。
サントリー オールフリー ライムショット 350ml×24本 ノンアルコールビールテイスト飲料
麦芽、ホップ、香料、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC)、苦味料、甘味料(アセスルファムK)、アルコールもカロリー、糖質もゼロ。製品のホームページでは「ビールに軽くライムを絞ったような味わい」と説明しているが、それよりはかなりライムが強い。ただ、そのおかげでカロリーや、糖質ゼロのスカスカ感はない。
サントリーオールフリー コラーゲン 350mlx1ケース(24本)【ノンアルコールビールテイスト飲料】
コラーゲン2000mg配合のオールフリー、アルコール0.00%、カロリーゼロ、糖質ゼロ、プリン体ゼロだがコラーゲンのおかげか、質感がよくリッチな感じがする。ホップの香りも立っている。原材料はコラーゲンペプチド(ゼラチンを含む、国内製造)、麦芽、ホップ、炭酸、香料、酸味料、カラメル色素、ビタミンC、苦味料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)。

★★★ 
サッポロ プレミアムアルコールフリー [ ノンアルコール 350ml×24本 ]日本産
ドイツ製のアルコールフリーに近く芳醇で苦味もあり、ホップの香りが強く感じられるが2013年2月に味の変更があり少し日本のノンアルコールらしい味に戻ってしまった。今回の変更で「酵母マイルド製法」という酵母を使った製法に変更、生を強調したパッケージになっている。原材料は麦芽、水あめ、ホップ、酵母、酸味料、香料、前のパッケージあった苦味料、香料、カラメル色素、酸化防止剤等の表示は消え酵母の表示が追加された。100mlあたり22Kcalとあまりカロリーを抑えてないのは評価できる。
サッポロ 麦のくつろぎ 350ml×24本 ノンアルコールビールテイスト飲料
2018年3月新発売。 原材料は水溶性食物繊維、大豆ペプチド、大麦エキス、香料、苦味料、酸味料、安定剤(大豆多糖類)、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK)、カロリー、プリン体はゼロ。
トクホ サッポロプラス [ ノンアルコール 350ml×24本 ]
2015年5月26日発売の特保の指定を初めて受けたノンアルコールビール、原材料は難消化性デキストリン(食物繊維)、大豆ペプチド、ホップ、香料、酸味料、苦味料、カラメル色素、安定剤(大豆多糖類)、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK)、効果としては難消化性デキストリンが糖の吸収を穏やかにして食後の血糖値の上昇を抑えるとのこと。カロリーは350mlあたり4〜18kcalと幅のある表記。

★★★★
龍馬1865(6缶パック詰め) [ ノンアルコール 350mlx24本 ] 日本産
バービカンの後継商品、麦芽100%度数0.00% 15Kcal 原材料:麦芽、ロースト麦芽、ホップ、酸味料。添加物が少なく、他の日本産とは違う感じがする。
日本ビール 忍者ラガー ノンアルコール [350ml×24本 ]
ハラル認証をとった世界初のノンアルコールビールとのこと。原材料は麦芽、ロースト麦芽、ホップカロリーは350mlあたり42Kcal。
神戸居留地 ファインフリー ゼロ ビアテイスト 缶 350ml×24本日本産
ノンアルコールビールで神戸居留地という意味不明の名前だが富永食品という神戸の企業のブランドらしい。アルコール分0.00%、原材料はデキストリン、果糖ぶどう糖液糖、麦芽エキス、食物繊維、ホップエキス/炭酸、香料、ビタミンC、安定剤(アルギン酸エステル)、乳化剤、カロリーは100mlあたり7Kcal。

ホッピー [ ノンアルコール 330ml×24本 ]日本産
アルコール度数0.8%、商品の説明にはビール系飲料としてそのまま飲んでもとあるが、やはり焼酎で割って飲む前提の味。ノンアルコールビールにしては甘みが無くスカスカな感じがする。

販売中止・終了になってしまったノンアルコール

クラウスターラー、レーベンブロイ、ホルステン、キリンバクラー、アサヒドライゼロブラックなど、人気のあったノンアルコールも販売中止になってしまってます。これらの昔のリンクを残しています。

ノンアルコールビール、ビアテイスト飲料の国別特徴について

  • 国産 アルコールを経由せずに成分で調整した味のアルコールゼロが主流、酸味が強いのが欠点
  • オーストラリア産 アルコール度数0.9%を超えないように軽く発酵させている、苦味はなく、ちょっとコクのない感じが欠点
  • アメリカ 軽く発酵させて作る薄いビールという印象で水っぽい アルコール度数 0.5%が多い
  • ドイツ産 ビール法にのっとり原材料は大体麦芽とホップのみ、苦味がありビールに近い質感が良いが一旦発酵させた後アルコール抜いて作るためか匂いが気になるものが多い アルコール度数はいろいろ
ノンアルコールビール掲示板

日本の定番ビール飲み比べ

日本の定番クラフトビール

イギリス、アイルランドのビール飲み比べ

ベルギービール飲み比べ

デンマーク・オランダのビール飲み比べ

ドイツ、チェコ、オーストラリア、イタリア、ビールの飲み比べ

アジア、オーストラリアのビール飲み比べ

アメリカ、中南米のビール飲み比べ

世界の紅茶でリラックス

ウイスキー飲み比べ